浮気をしていたら日常生活の中にも変化があります

パートナーがもしも浮気をしていたならば、、、生活の中で変化を感じることでしょう。浮気をうたがっているならば、証拠に繋がるかもしれません。チェックしてメモしておくといいでしょう。もしも浮気しているならば、どんな変化が現れるのでしょうか。実際に浮気相手が変化したところを挙げていきましょう。まずは、帰宅時間が遅くなってくること。相手は「残業が増えてしまって、、、」tか、休日なのに「仕事ででかけなければいけないから、、、」と言って出かけるようになる。こんな変化はかなり怪しいいですよ。増してや、泊りがけの出張が増えたなんてケースは正に浮気相手と旅行に出かける口実と思っていいでしょう。もっとも、本当に仕事の場合もありますから、最初からそう思い込んでしまって、相手を責めるようなことをしてはいけません。後々のために、慎重に浮気かどうかを見極める必要が有るのです。何かにかこつけて、仕事中に携帯電話に電話してみても良いでしょう。相手が出た場合には、相手の話し方、周りの音などをチェックします。電話をかけても出ないで、直ぐに折り返して電話がかかってくる場合なんかも怪しいですね。日常生活での変化として、今までと違い優しくなった、というのも怪しいいです。家の中で、メールやLINE等をやるよになった、また携帯を常に離さないというのもおかしいでしょう。このように、日常生活の中では、いろんな変化が出てきます。しっかりとチェックしてメモしていきましょう。

料金も安めで安心して浮気調査をまかせられる名古屋の探偵事務所

浮気の証拠と言うと、何が考えられるでしょうか。とても今までのセンスでは考えられないしゃれた財布でしょうか。どこかのお店の名刺でしょうか。携帯の中の異性の名前でしょうか。いろんなものが証拠として考えられます。しかし、そのような物は、法的にみると証拠にはならないのです。ちょっと驚かれたと思います。そこで、もっと詳しく、深く証拠に関して説明しましょう。例えば裁判で浮気を問題に挙げるとなると、「不貞行為」があったかどうかを問題にします。これが実は簡単ではないのです。「不貞行為」は肉体関係が有るかどうかですが、そんな簡単なものではないのです。例えば、肉体関係が1度有っただけでは不貞行為が有ったとはみなされないのです。そこで証拠として必要になるのが、何回肉体関係があったのか。複数回肉体関係があったと証明できるものが必要になるのです。つまりラブホテルに行っている写真を撮れるのならば、最低でも3回はラブホテルへの出入りの写真が必要となるのです。また、もうひとつ、驚くかもしれませんが、ラブホテルの滞在時間も重要なのです。もしも
ラブホテルに居た時間が40分以内であったなら、それは不貞行為の事実は認められないと判断されることがあるのです。ですから、写真を撮る場合には、滞在時間もはっきりとわかるように、入った時の時間と写真、そして出た時の写真と時間を必ずチェックして置くことがだいじになるのです。どうでしょうか。法的な証拠となると、このように、詳しく正確なものが必要になるのです。ですから、今まで証拠があります、と言っていたものは、法的には役に立たないことになるのです。しかし、今後探偵事務所に調査を依頼するならば、その際に大変助かりますから、それはそれで重要と言えます。人によっては、探偵事務所に依頼する費用を考えて、自分で証拠を掴もうとする人も中にはいますが、さきほどのラブホテルでの不貞だけでも、かなり大変なことがわかると思います。特に離婚を考えて裁判にもちこもうとしているならば、探偵事務所で確かな証拠を掴んでもらうことをおススメします。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>